06/28 (TUE)
SAMURAI

GENRE : HOUSE

OPEN 21:00

ACID MEMBER \1000 with 1drink
当日 \1500 with 1drink


DJ: MIM / KAZU from BAR LOCOTONTE / OSUGI ROMANTIC / YASUNARI / NOBU / TAKAMY / Amane / KOO


06/29 (WED)
Kept 10th Anniversary

 

 


06/30 (THU)
OFF

 


 


07/01 (FRI)
REALIZE INTERNATIONAL PRESENTS REGGAE FRIDAY vol.35

GENRE : REGGAE

OPEN 22:00

前売り \1500 1drink購入制
当日 \2000 1drink購入制

LAWSON TICKET L-CODE 11653


GUEST DEEJAY: RUEED from YOKOSUKA

SOUND: REALIZE INTERNATIONAL / YOIKICHI / SUPER TURBO / SOUND SEEKER

DEEJAY: MONCHACK

DANCER: SAPPORO KID

 

RUEED
横須賀生まれ、アングラ・レゲエ・シーン育ちの筋金入りラガマフィン・ディージェイ。愛すべき本場ジャマイカのレゲエ同様に、今日までに築き上げられた日本語レゲエ史をこよなく愛し、そこに自らも名を刻むべくしてこの文化継承に日々邁進する21歳。

中学1年生にして、Black MusicやJapaneseRAPの洗礼を受ける。中学2年生でレゲエと出会い、ここでの新たな衝撃からそのままレゲエにのめり込んでいき、15歳からセレクターとレゲエ・ディージェイとしてのキャリアをスタートさせる。その後、地元の仲間とサウンド・クルーを結成。サウンドの活動停止後、横須賀、横浜を活動拠点とし、ディージェイ一本で活動していく。数々のレゲエコンピに参加、「RoadToレゲエ祭2007」優勝など、作品から現場まで臨機応変に対応出来るふり幅と柔軟なスキルを着実に証明、進化し続けている。横浜レゲエ祭2007への出場後、活動範囲は全国に広がり、さらにたくさんのEntertainerと共演していく。聴き取りやすいリリック、自在なフロー、NextGenerationなり独自のセンスと言葉選びで日々Raggaを深く追求している。


2008年秋、新世代アーティストRUEEDならではのオリジナル・レゲエ、「NEWFOUNDATION」=音から始まる温故知新、をデビュー・フル・アルバムと共に完成、ここ日本にて声高らかに提唱していく。2009年は再び横浜レゲエ祭2009に出演。現在今7月リリースの2ndFullAlbum「BLOC,TOWN,CITY」を制作中。
各地で強力なメッセージを放ち続けるRUEEDを是非現場で体感し、目を離さないでほしい。

 

 


07/02 (SAT)
WAARP
4th ANNIVERSARY SPECIAL GUEST KEN ISHII

GENRE : TECHNO / ELECTRO / HOUSE

OPEN 21:00

前売り \2500 1drink購入制
当日 \3000 1drink購入制

LAWSON TICKET L-CODE 11645

SPECIAL GUEST: KEN ISHII

RESIDENT DJ: KARIBIZA

DJ: KAZUO / MASARU / FANTA from KITAMI / SHOW / 9 / MAI / and more...

AFTER HOUR DJ: DJ Arima / KARIBIZA

 

KEN ISHIII
アーティスト、DJ、プロデューサー、リミキサーとして幅広く活動し、1年の半分近い時間をヨーロッパ、アジア、北/南アメリカ、オセアニア等、海外でのDJで過ごす。

‘93年、ベルギーのテクノレーベル「R&S」からデビュー。イギリス音楽誌「NME」のテクノチャートでNo.1を獲得、その名を世界に知らしめる。'95年、アルバム「Jelly Tones」(R&S/SONY)をリリースし、大ヒットを記録。’96年には「Jelly Tones」 からのシングル 「Extra」のビデオクリップ(映画「AKIRA」の作画監督/森本晃司監督作品)が、イギリスの “MTV DANCE VIDEO OF THE YEAR” を受賞。世界に通用する音作りができる日本人のパイオニア的存在として、ワールドワイドで高い評価を得る。

’98年、長野オリンピック・オフィシャル・オープニングテーマのインターナショナル版を作曲し、世界70カ国以上でオンエア。2000年アメリカのニュース週刊誌「Newsweek」で表紙を飾る。’04年、スペイン・イビサ島で開催のダンス・ミュージック界最高峰“DJ AWARDS”でBEST TECHNO DJを受賞し、名実共に世界一を獲得。’05年には「愛・地球博」で政府が主催する瀬戸日本館の音楽を担当。2010年東京都現代美術館で行われた「サイバーアーツジャパン」に出展した3Dインスタレーション作品への参加や、ミッドタウンの館内BGMのミックスを2年間担当するなど、楽曲制作、DJに加え様々な活動を展開。翌年それらのインターナショナルな活動に、世界的通信社「ロイター」が注目し報道配信。全世界の新聞、雑誌などで10億人が目にすることとなった。

そして新たに立ち上げたプロジェクト「Ken Ishii presents Metropolitan Harmonic Formulas」で菊地成孔、Emi Meyer、Jazztronik、Alex from Tokyo、Masaki Sakamotoとコラボレーション、Mr. Fingers「Can You Feel It」、Soft House Company「A Little Piano…」をカバーし、他のアーティストや異ジャンルの音楽ともクロスオーバーするエレクトロニック・ミュージックを作り上げた。’13年は世界デビュー20周年を迎え、4月にドイツのトップ・レーベルSystematic Recordingsの主宰者マーク・ロンボイと共に初のコラボレーション・アルバム「Taiyo -2CD-」をリリース。’14年20周年時に撮影したドキュメンタリー「Ken Ishii On The Move」をYouTubeで配信。昨年はFlare名義でアルバム「Leaps」をリリース。「自由なテクノ」を奏でている。昨今は海外、国内問わず様々なレーベルから作品を発表し続け、今年もDJ、作品発表と世界をフィールドに精力的に活動していく。


http://kenishii.com
http://soundcloud.com/ken-ishii-70drums
http://pioneer.jp/dj_dancer/cdj/info/event/KI20/index.php

 



07/03 (SUN)
RnB SESSION

GENRE : R&B

OPEN 21:30

女性入場無料 \2drink購入制
女性入場無料 2drink購入制1:30-24:00 男性入場無料 2drink購入制

ACID MEMBER \1500 with 1drink
当日 \2000 with 1drink


DJ: MM / and more...